「仕事をラクに。オモシロく。」

 

 

rakumo株式会社

代表取締役社長

御手洗 大祐

平素より当社へのご支援を賜りまして誠にありがとうございます。rakumo株式会社は、2020年9月28日、東京証券取引所マザーズ(証券コード:4060)へ上場いたしました。
 

90年代中頃に初めてインターネットに触れた時、世界中の人と自由につながることができるこのツールは、個人の能力の発展とより良い生き方を強力に支援するものだ、と思った記憶があります。
 

民主主義の原点は、個が社会の中で義務を果たしつつ、誰もが最大限幸福に生きようとすることを後押しする仕組みづくりにあると思っていますが、インターネットは賢い民主主義の実現を希求するエンジニアたちが作り出した技術だと感じ、その技術・社会づくりに私も参画したいと憧れました。
 

当社は2004年の創設以来、社会に役立つインターネットサービス作りに参画したいメンバーが集まり、活動を続けて参りました。
 

そうした中、当社は2008年のリーマンショックに直面し、経済的に厳しい状況に陥りました。rakumoはそのタイミングで生まれたサービスです。
 

強い逆風の中で私達は自らを振り返り、VUCA(Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性))と呼ばれる不安定なこの時代に、成長性・持続性のある柔軟な組織づくりを支援するサービスを、インターネットの可能性を拡げるクラウドの技術を利用して作ろうと決断しました。それから今日まで、お客様と共に現在のrakumoを作り続けてきました。
 

私達が生きるこの時代は、人類史上稀に見る技術革新の時代であり、常に変化する世界の中であらためて人間とは何か、その人間の幸福とは何かが問われています。そうした中で私達は「人」を見据えて、「人」が働くことを通じた幸福の追求と社会の持続的な発展を支援するサービスを作り続けていきます。
 

株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後とも当社へのより一層のご指導・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

2020年9月28日